連載【旅暮しのエトセトラ】
第1話:「旅するように暮らしたい?!」

2022.02.10 STORY
  • バケーション
  • ワーケーション
  • 体験談
  • 旅するように暮らす
  • 旅支度
  • 杉井ギサブロー
  • 河治和香

旅をしているように毎日を過ごせたらいいのに……そんなことを、ぼんやりとずっと思っていた。
好奇心に満ちた毎日。刺激的な毎日。そして、自由な毎日。
でも、現実にはなかなかむずかしい。
定職に就けば時間は自由にならないし、年とともにだんだんと、「やっぱり家がくつろぐな」と出不精にもなってゆくような気がする。
さて……。

最初に、私のことを少しだけ

私は、〈河治和香〉の名で歴史時代小説を書いている作家。
数年前から仕事場を北海道に移して、今は東京と北海道との2拠点生活。(実情はそれほど立派なものじゃなく、小さな部屋で本や資料に埋もれて暮らしている)
もともとは二十数年間、日本映画監督協会という映画監督の団体で事務の仕事をしていた。副業で映画のシナリオ(その昔、女子大生だった頃の菊池桃子や、裕木奈江、三船美佳のデビュー作などの、いわゆる〈アイドル映画〉というヤツ)や小説を書いていたため、休日や有給休暇まで原稿書いたりしていて、当時は長期休暇なんて夢のまた夢。

……ああ、いつか、自由に自分の時間を使ってみたいなぁ。

 やがて、一念発起して筆一本でやっていこうと退職し、さぁこれからは自由だ!と思ったのも束の間、その3ヶ月後に夫が悪性リンパ腫を再発し、1年後には亡くなってしまったのである(ひーん!)。

いきなり私は、定時の仕事どころか、家族からも完全に自由になった。
 

ところが。
自由になったはずなのに……今度は一人になった不安から、私はひたすら仕事を詰め込んで自分をどんどん追い込むようになった。(仕事でもしていないと堪えられないほど寂しかったんだと思う)
いつの間にか私は、「いつも仕事をしているような気がする」、「いつも仕事のことを考えている」……という状態に。
 ……なんか、おかしい。
せっかく自由になれたはずなのに!

……そして、このコロナ禍である

今度は自粛生活で、私は家に引き籠もるようになった。

子供もいないし、親兄弟親戚とも縁遠い私は、筋金入りの天涯孤独の身の上。外で人に会うこともなく、他人の目のない家での一人暮らしは自由だけれど、自堕落になりやすい。

 引き籠もってみて実感した。

 自由気ままで、すこぶる楽ちん。

よくないことだとはわかっているけど、なんだか〈心地よく〉底なし沼にズブズブとはまってゆくみたいな感じ。

 ……ハッ?!

 まずいんじゃないの? こんな生活。

 体重が3キロも増えていた。毎日、体も頭もぼんやりと重たいよ。

 仕事していない日も、ちっとも体も心もリフレッシュしていないみたい。

「どうしたらいいの、これ……?」

今の時代だからこそ、〈ツギツギの旅〉の提案

そんな時……〈定額制回遊型住み替えサービスTsugiTsugi〉の募集を知ったのだった。
「応募者多数だろうけど、ま、行動しなくちゃ何も始まらないし」
と、軽い気持ちで応募したら当たってしまって……。
結局、私は1ヶ月の〈旅するような暮らし〉に突入することになった。

それは……今の時代(あるいは、私自身)の閉塞感をどうにかしたい、という気持ちと、このコロナ自粛の中で〈新しい自粛の形〉を模索してみたい、というチャレンジするような気持ち。

 このプランに参加しているのは、主にノマドワーカーの人たちだろうと思っていたら、実施後のアンケートによると、年齢層もまちまち、意外と女性の参加も多く、さらにはフリーランスの人ばかりでなく、企業に勤めている人や公務員の参加もあったという。
 〈旅するような暮らし〉は、特別な人たちだけのものではなく、在宅勤務を始めた方や、すでに仕事をリタイアしたご夫婦など、老若男女、職業問わず、誰にでも少しずつ身近な存在になってきているのかもしれない。

まずは、体験してみた

ほんの思いつきと勢いで、旅に出てしまった私。

でも、この1ヶ月はいろいろなことを見直すきっかけにもなりました。

「1ヶ月も旅するって、どんな感じなんだろう?」

……スケジュールは? 荷物は? 食事は?

そんな問題に直面しながら、右往左往しつつも、のんきに「旅してみた」1ヶ月の記録を、これからレポートしていきたいと思います。



文・河治和香  歴史時代小説作家

東京葛飾柴又生まれ。

日本大学芸術学部映画学科卒業後、CBSソニーを経て、日本映画監督協会に勤務。

主な著書に、「がいなもん松浦武四郎一代」(第25回中山義秀文学賞、第13回舟橋聖一文学賞受賞)、「ニッポンチ!」、「遊戯神通伊藤若冲」(以上、小学館)、「どぜう屋助七」(実業之日本社)など。

イラスト・杉井ギサブロー  アニメーション映画監督・画家

沼津生まれ、原宿育ち。

東映動画に入社し、日本初の長編アニメ「白蛇伝」の製作にかかわる。その後、手塚治虫の虫プロ創立に参加。「鉄腕アトム」、「まんが日本昔ばなし」、「タッチ」、「キャプテン翼」などのテレビアニメ、劇場用映画として「ジャックと豆の木」、「銀河鉄道の夜」、「あらしのよるに」など多数。

公式サイト

お申込み受付中!<申し込む>ボタンからお進みください

30泊プラン(先着順)に申し込む 13泊プラン(抽選)に申し込む

ANA SKY コインの特典をお受けいただくには事前登録が必要です。
TsugiTsugiお申し込み完了後には適用できませんのでご注意ください。

ANA マイレージクラブへの会員登録はこちら
https://cam.ana.co.jp/amcmember/amcentry/AMCEntryFacade

お得な特典を受けられる東急ホテルズ コンフォートメンバーズ
この機会にぜひご入会ください!申込みは簡単/入会金・年会費無料
https://www.tokyuhotels.co.jp/tcm/index.html