ワーケーションが自分を見つめ直す時間に。ホテル暮らしのプロが教える旅の楽しみ方

「ホテル暮らし美食ハンター」として旅の情報を発信する、よこたんさん。先行体験でのワーケーションが自分を見つめ直す大事な時間になったといいます。数々のホテルを巡ってきた彼女だからこそ分かる、旅のヒントや楽しみ方を教えていただきました。

―先行体験に参加されたきっかけを教えてください。

以前住んでいたマンションで騒音トラブルがあって、契約を解除するタイミングでTsugiTsugiの記事を見つけたんです。もともと旅行は好きだし、ホテルならそういったトラブルや更新などの煩わしさもないので、いろんな問題が一気に解決するかなと思って参加しました。

―体験に参加する前と後で、ホテル暮らしの印象は変わりましたか?

ホテル暮らし=お金がかかるイメージでしたが、賃貸とあまり変わらず、掃除の手間がないのがとても楽でした。また、栄養不足を心配していた食事面も、ホテル内のレストランやルームサービス、テイクアウトやデリバリーなどを活用し、毎日バラエティー豊かなご飯が食べられました。食べ歩きが趣味なので、滞在場所のローカルフードを楽しめるのはホテル暮らしの一番のメリットでした。

―訪れた中で印象に残った場所は?

最先端のホテル暮らしを体験できる、渋谷ストリームエクセルホテル東急がお気に入りです。最新の調理家電を使える共用キッチンがあったり、栓抜きを頼んだらデリバリーロボットが運んできてくれたりします。渋谷駅直結で利便性も抜群。ホテルの下の階には飲食店やスーパーもあります。

プライベートビーチがある宮古島東急ホテル&リゾーツも、また訪れたいホテルです。宮古ブルーといわれる、青く澄んだ海がとても綺麗でした。休日にはプールで遊んだり、シュノーケリングや鍾乳洞ツアーに参加したりして、宮古島の自然を満喫しました。

宮古島の海を眺めながら仕事をしていた時に、ふと「わたし、意外と疲れてたんだなぁ…」と思ったことを覚えています。ホテル暮らしを始める前は、部屋にいる時間が長く、知らない間にストレスが溜まっていたのでしょうね。海を眺めたり、波の音を聴いたりしているうちに、心と体が自然とほぐれていくのを感じました。

―それもワーケーションの一つの効果ですね。反対に、困ったことはありましたか?

チェックアウトから次のチェックインまでのスキマ時間に、どこで過ごすかは悩みどころでした。そういうとき、ラウンジがあるホテルは助かりましたね。ラウンジがない場合はWi-Fiや電源が使えるカフェ、コンビニのイートインスペースなどを利用していました。

―そういう場所はどのように調べていますか?

Googleマップで、お店の口コミに「Wi-Fi」「電源」などのキーワードがあるかをチェックしています。現在地からの距離もわかるので便利です。ランチを食べに行く時はタクシーの運転手さんや、ホテルのスタッフさんにおすすめの場所を聞いたりもしました。地元の方がおすすめするお店なら大体ハズレがないです。

―よこたんさん流、ホテル選びのコツは?

自分がホテルに何を求めるか、ですね。夜景が綺麗だったり、接客が丁寧だったり、ホテルによって売りにしているポイントが違います。私は食いしん坊なので、ご飯が美味しいと評判のホテルをよく選びます。旅しているうちに自分のこだわりが見えてくるので、そこを重視して選ぶと良いですね。

―旅慣れている方ならではのアドバイス、ありがとうございます。ホテル暮らしをする上で、気を付けていることはありますか?

まずは頻繁に滞在先を変えないこと。移動が多いとそれだけで疲れるので、一週間くらいは同じ施設に泊まるのがいいかもしれません。荷物も極力減らした方がいいです。例えば、化粧品類はかさばりがちですよね。私は無印良品のメイクパレットにいろんなアイテムを詰め込んで、それ一つでメイクが完成するようにしています。今使っているスーツケースも実は2〜3泊用のものです。前面にポケットがあるので、中身を見せずにPCなどをサッと取り出せるところが気に入っています。

―他に旅の必需品やおすすめグッズがあれば教えてください。

オンライン会議をするならワイヤレスイヤホンは必須アイテムです。ノイズキャンセリング機能があると、騒がしい場所でも集中できて便利です。あとはゆるっとしたワンピースと、サッと履けるサンダルもおすすめ。着替えが簡単だと、ちょっとした外出や部屋で休むときに重宝しますよ。

―ホテル暮らしを始めてから生活や働き方に変化はありましたか?

気分転換がしやすいので、健康的な暮らし方になりましたね。まず運動不足が解消しました。ホテル間の移動や街歩きで、気づくと1万歩あるいている日も。これは思いがけないメリットでした。あとホテルで朝食をとる日は必然的に早起きになります。ラストオーダーの時間が決まっているので、寝坊するわけにいきません(笑)。

箱根や宮古島などのバケーションも兼ねた滞在では、週末のアクティビティが楽しみで自然と仕事がはかどり、メリハリのある暮らし方ができました。

―大事な時間になったようですね。最後に、先行体験で得たものがあるとしたら何ですか?

自分にとっての「幸せな暮らし方」を見つけられました。今どんな場所に行くのが心地良いのか。どんな人と過ごしたいか。何を食べたいか。旅をしていると、自然と何度も考えることになります。そうした自分自身への問いかけを続けるうちに、毎日を幸せに過ごすためのヒントを得られたような気がします。

―貴重なお話、ありがとうございました。

ホテル暮らしやワーケーションを実際に経験したからこそ語れる情報が盛りだくさんで、旅を心から楽しんでいる様子が伝わってきました。まさに「ホテル暮らしのプロ」とも言える、よこたんさんならではの視点で切り取った旅情報の発信をこれからも期待しています。

地元とのふれあいが旅の醍醐味。ワーケーションがこれからの働き方を考えるきっかけに

約1カ月の先行体験に参加した堀部さんに、TsugiTsugiを実際どのように利用されたのか、体験のご感想について伺いました。行政書士として日々忙しく活躍する彼女が、自然あふれる宮古島や伊豆高原でのワーケーションで得た気付きとは何だったのでしょうか。

―先行体験に参加されたきっかけを教えてください。

堀部さん:きっかけは二つあって、一つは学生時代にホテルでアルバイトをしていた時から、ホテル住まいをしている方に憧れがあったこと。もう一つは、多拠点で仕事をしている知人の存在です。釧路と宮古島で鍼灸院をされている方で、多拠点での仕事の仕方を知りたくて実際の仕事場を見に行かせてもらいました。それと宮古島に姪が住んでいるので、彼女に会うのも目的の一つでしたね。TsugiTsugiを利用することで、会いたい人に会いに行けるのも良いと思います。

実際にTsugiTsugiをどのように利用されましたか?

渋谷ストリームエクセルホテル東急を主な拠点として、東急バケーションズ伊豆高原や宮古島東急ホテル&リゾーツに滞在しました。都心部では気になるホテルをいくつか巡ったのですが、その中で見つけたお気に入りが渋谷ストリームでした。職場から近いことと、良い意味でホテルらしくない程よい距離感が気に入っていて、今ではホームのような存在です。TsugiTsugiではいろんな宿に泊まれるので、その中から自分のお気に入りを見つける楽しみもありますよね。次回があれば、他にもトライしてみたいホテルがいくつかあります。宮古島に行く前後には羽田エクセルホテル東急も利用しました。いったん家に帰るよりも泊まった方が楽ですし、羽田にホテルがあるのは非常に便利でした。

―訪れた中で印象に残っている場所は?

宮古島ですね。ホテルの目の前がビーチなので、部屋から眺める海や夕日がとても美しく、島の豊かな自然に癒やされました。ロケーションが抜群で現地の知人や姪にも会いに行くことができ、知人からおすすめの場所を聞いてレンタカーで朝日を見に行ったり、スーパーに行ったりと地元を満喫できました。

―滞在中のお食事はどうされていましたか?

朝食はホテルで取ることもありましたが、地元の味を楽しみたかったので、知人や姪と食事に出かけました。特に知人の奥様が教えてくれた農園のマンゴーがとても美味しくて! こういう現地の人だからこそ知っているスポットに行けるのは、まさに旅の醍醐味ですよね。これからTsugiTsugiを利用される方にも、ホテルで仕事をするだけでなく、ぜひ地元とのふれあいや出会いを体験してほしいなと思います。

―お仕事での利用だけでなく、地元を楽しむことも重視されていたのですね。伊豆高原はいかがでしたか?

伊豆高原の方も、小鳥のさえずりを聞きながら仕事ができるという素晴らしい環境でした。場所を変えることで気分が変わるだけでなく、抱えている仕事や自分の課題を違う視点で見つめ直すことができたと思います。自然の中でリフレッシュしたおかげで新しいアイデアが湧いて、ゆっくりと考える時間も持てました。

こちらは部屋にキッチンが付いていたので、ホットプレートを借りて料理もしました。友人と一緒に利用したのですが、道の駅などで野菜や魚、豆腐などを購入して地元の味を楽しみました。友人が地元の野菜で作ってくれた焼きそばが美味しかったです。

あとは地元に詳しいホテルの管理人さんに、美味しいパン屋やイタリアンのお店を教えていただきました。バケーションズは普通のホテルよりも管理人さんとの距離が近いところが良かったです。

―ワーケーションでお仕事への取り組み方にも変化があったようですが、今回の体験を経て気付いたことや得たものがあれば教えてください。

ホテルに住むという憧れを達成できた満足感が大きかったです。掃除や日用品の買い出しをしなくて済むのも楽ですよね。今までは気にしていませんでしたが、そういった日々の雑事が小さなストレスになっていたことにホテル暮らしをして初めて気が付きました。

ワーケーションについても、単に緑の多い場所で仕事に集中したいというだけでなく、訪れた土地の仕事をしたいという気持ちが深まりました。職業柄難しい部分もあるのでまだ模索中ですが、宮古島で訪ねた知人の多拠点生活も参考にしつつ、自分らしい働き方を見つけたいと考えています。

―貴重なお話、ありがとうございました。

穏やかな雰囲気をお持ちの堀部さんが、とてもアクティブに全国を巡って過ごした先行体験のお話は印象的でした。事前に検索などで情報収集をしたり、施設の方や地元の方からの情報も取り入れて地元を楽しんだりと、今後のお仕事の刺激にもなったとのこと。これからの堀部さんのご活躍も楽しみにしています。

ご好評につきプランの申し込み受け付けは終了いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました。