河津桜で有名な河津は、滝が多いことでも知られています。その中でも有名な河津七滝(かわづななだる)の遊歩道散策に彩りを添えてくれること間違いなしの隠れ家レストラン、「ひぐらし」をご紹介します。

河津川の源流に並ぶ7つの滝、「河津七滝」の遊歩道

河津川の源流エリア、天城山脈。その中にある「河津七滝(かわづななだる)」は、ひとつひとつ個性が異なる七つの滝が並ぶ迫力のスポット。全長1キロほどの遊歩道を歩きながら片道1時間ほど、自然が作り出した迫力の光景を楽しむことができます。

遊歩道沿いに顔を出す、「竹林のかくれ家 レストランひぐらし」の看板

自然豊かな遊歩道の中に現れる、ひぐらしの看板

自然豊かな遊歩道を進み、七滝のひとつ「カニ滝」の付近に差し掛かると、ひょっこりと顔を出す看板に「竹林のかくれ家 レストランひぐらし」の文字。看板の脇には誘い込むように延びる階段があり、心なしかワクワクした気持ちに。入り口のなんともいえない風情に期待が膨らみ、遊歩道散策に疲れた足が吸い込まれていきます。ひんやりとした空気の中、階段を登り進めると竹林の中に風情ある古民家が顔を出します。

竹林の中、急な石段を登ると
味わいのある古民家の入り口が顔を出します

実はこのひぐらしの古民家、元は違う場所にあった家屋を譲り受けたオーナーご自身が、なんと8年がかりで河津の地に移設・再生されたとか。店内は風情ある趣がそのまま残され、タイムスリップしたようなワクワク感と同時に、どこか懐かしくホッとするような空間。窓の外には竹林が静かに広がり、まるで日本画の中にいるような気持ちになれますよ。

古道具や古本が大切に残された空間に、心が温まる
窓の外に広がる竹林はまるで日本画のよう

じっくり丁寧に焼き上げてくれる、ほかほかの大きな炭火焼きおにぎりに舌鼓

ひぐらしには魚・豚・鳥から選べる七輪膳や、各種定食、トーストやケーキなどの軽食やデザートまで幅広くあります。その中でも、小腹が空いているときには炭火焼きおにぎり、そして散策に疲れた体には自家製のしそジュースがおすすめ。炭火焼きおにぎりは手のひらほどの迫力の大きさで、持ち帰りも可能。メニューに“焼き上がりに10〜15分かかります”と書かれている通り、炭火でじっくりと丁寧に焼き上げられた外側はパリッと香ばしく焼き上げられ、中のお米はふわっふわでじんわりと甘く、体に染み込むような美味しさ!遊歩道を散策しながら、大自然の中で食べるのも◎。自家製のしそジュースは乾いた喉を潤してくれるだけでなく、鼻を抜けるしその爽やかな香りとほんのりとした酸味が、散策で疲れた体をあっという間に癒してくれます。

<炭火焼きおにぎり 450円>
<しそジュース 430円>

豊かな自然の中で静かに佇み、温かい空間で包まれるような気持ちになれる「レストラン ひぐらし」。河津七滝の遊歩道を歩いた後にガッツリいただくもよし、途中で立ち寄って軽く喉の渇きを潤すもよし。その時々のコンディションに合わせて、体が欲するものを選んでみてください。豊かな自然の静けさのなか少し足を止めて、風情ある空間の中で美味しい食事をゆったりと堪能できる、そんな贅沢な時間に癒されること間違いなしですよ。

メニューには魚・豚・鳥から選べる七輪膳や、うどん、各種定食も

伊豆急行河津駅から徒歩5分、河津桜の名所でも知られる踊子花街道沿いにあるカフェアイラナ。

日の光が入る明るい店内に朗らかなご夫婦がつくりだすゆったりとした雰囲気が重なって、リラックスしながらも元気が出てくる空間です。コーヒー豆の仕入れから焙煎、カフェやレストランへの卸しまで、マスターのコーヒーに対する深い愛情と情熱を感じるお店です。

コーヒー豆の多彩な味わいを引き出す、マスターの自家焙煎

お店に入ると向かって左側がカフェスペース、右側にはコーヒー豆が棚に並びます。コーヒー豆の棚越しに見えるのは大きな焙煎機。店内にはなんとも言えないコーヒーの香りが漂います。

もちろん豆の販売もしているので、好みの味などを伝えると、気さくなマスターがおすすめを教えてくれますよ。

多彩な味わいを引き出されたコーヒー豆たち
見ているだけでワクワクしてしまう、迫力の焙煎機
特別にみせてもらったコーヒーの色も香りもまだ何もない生豆
「同じ豆でも、焙煎ひとつで色も香りも違ってくるんですよ」とマスター

自家焙煎ならではの豊富なメニュー、お気に入りの一杯を探し出して

『自家焙煎珈琲』メニューは見ているだけでワクワクするほどのバリエーション。極浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎り、極深入り……豆の豊富さに加えて、ここまで焙煎のバリエーションを出せるのは自家焙煎のお店ならでは。少しずつ色々な味を試して、お気に入りの一杯を探求するのも楽しい。

丁寧なハンドドリップでお湯を注がれた豆が、ふっくらと膨らみ始めたら新鮮な証拠。マスターがコーヒーを淹れる姿はゆったりとしていて美しく、みているだけでうっとりとしてしまいます。アイラナで買ったコーヒー豆をおうちでドリップするときの参考にも。

豆の種類 × 焙煎度合い、個性豊かな味わいを楽しんで
お湯を注ぐとふっくら膨らむのは、豆が新鮮な証

特濃アイスコーヒーは通常の2倍の豆を使用、手作りケーキもおすすめ

コーヒーの純粋な味わいを楽しむのもおすすめですが、メニューには他にもコーヒーフロートなどのアレンジ系や紅茶、季節によってフルーツのジュースも。

マスターの奥さんがつくる『Kumikoちゃんのケーキ工房』と一緒に楽しむのもおすすめ。 ”特濃”の文字が気になる「特濃アイスコーヒー」は、なんと通常の2倍の量の豆を使用。口に含めばガツンとコーヒーの風味が鼻に抜けて、深い味わいが舌に広がります。

観光情報の発信もやってます

河津にオープンして4年のアイラナ、以前は17年間、神奈川県の平塚にあったんです。

地元の方々とは一味違う新鮮な視点を生かし、ご夫婦で伊豆の美味しいお店や面白い場所に足を運び、『伊豆パラダイス観光』として独自の目線で観光情報を発信されています。

お店の本棚にはお手製のスクラップブックも。ご夫婦との会話を楽しみながら伊豆の魅力を収集して、「旅するように暮らす」時間をさらに彩ってみては?

伊豆パラダイス観光Facebookページはコチラ: https://www.facebook.com/伊豆パラダイス観光-154823322014797/

ご好評につきプランの申し込み受け付けは終了いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました。