見どころたくさん!海の生き物たちの様子に疲れも吹き飛ぶ、魅力満載の水族館

伊豆の地形を生かした癒し空間

下田海中水族館は、名前の通り海の中にあります。海の入り江を見事に生かした天然プールと、海上に浮かぶ各施設。その魅力は何といっても海の生き物たちとの距離の近さ。イルカ、アザラシ、ペンギン・・・様々な海の生き物たちにここまで近づける水族館はあまりないのではないでしょうか。イルカとの体験プログラムもたくさん用意されていて、「いつかイルカと泳いでみたいなぁ」という夢も、ここで叶えることができます!今回は時間の都合上長居できませんでしたが、絶対また来たいと思える場所です。

下田海中水族館
気持ちよさそうに泳ぐペンギンを水中から眺められます。人馴れしていて寄ってくることも
神秘的なクラゲ水槽
色々な海の生き物が泳ぐ大水槽

水族館といえば・・・

最大のお楽しみはやっぱりショー!伊豆下田海中水族館では一日通してたくさんのショーを開催しています。私たちがうかがった時間はちょうど天然プールでのイルカのショー「ワンダーオーシャン」が始まるところでした。場所を確保してワクワクしながら待つこと数分。思っていたよりも間近に3頭のイルカのお目見えです。トレーナーの合図でダイナミックに次々と技を決めていく姿は力強く、とても美しい!「あっちにいたと思ったらもうこっちに」「こんな少しの助走でこんなにも高く飛べるなんて」と改めてその身体能力に圧倒されます。よりド迫力でショーを楽しみたいなら、「アメージング・シート」がおすすめです。「アメージング・シート」はイルカたちがショーをする海の中に浮かぶボートのような席で、すぐ近くでジャンプしたりイルカが頭上を飛び越えていったりと、至近距離でショーを楽しめるシートのこと。カッパは必須です。びしょ濡れになりながら、皆さんとても楽しそうでした。

ふれあいコーナーに癒される

館内を歩いているとコツメカワウソのエサやり体験500円の文字。なかなかこんな機会もないのでせっかくだからやってみようと早速係員さんに声を掛けます。コツメカワウソのお部屋には小さな穴が開いていて、その穴の前にエサを乗せた手のひらを置くとコツメカワウソが穴から手を伸ばして取るというスタイル。まずは飼育員さんがエサやりのお手本を見せてくれました。正直今までコツメカワウソにあまり興味はなかったのですが、お手本を見ている間にもうメロメロです。手の伸ばし方、食べている口の動きは一日中見ていたいかわいさで、実際にエサやりを体験するとコツメカワウソのぷにぷに柔らかな手の感触に虜になること間違いなし。ぜひみんなに体感して欲しい、癒しパワー絶大な体験です。エサやり体験は時間が決まっているので係員に確認してみてください。そのほかにウミガメのエサやりもできます。

古くから続く港町、下田の魅力が楽しめるコースをご紹介します。街を一望できる下田ロープウェーにのって、美しい自然あふれる寝姿山を散策してリフレッシュ。一息ついた後に、歴史を感じる街並みを堪能できるペリーロードをぶらりとあるく、下田の魅力を堪能できるおすすめのコースです。

伊豆急下田駅より徒歩1分、ロープウェーに乗って寝姿山へ

伊豆急下田駅より 徒歩1分。下田ロープウェイ(別名:寝姿山ロープウェイ)にのって、下田の街「寝姿山」の山頂へ。ロープウェイが進むごとにどんどん小さくなっていく下田の街を眺めていれば、あっという間に山頂へ到着です。この「寝姿山」、まるで女性が横たわって休んでいるかのような山並みをしていることからそう呼ばれているんです。

寝姿山から振り返る、下田の街並み

自家自然豊かな寝姿山の遊歩道を散策、見どころがたくさん!

ロープウェイを降りると、早速下田の港から太平洋へ続く、青く雄大な海が広がります。天気の良い日は眩しいほどの太陽の光とともに、空と海のブルーが地平線で混ざり合って、なんともいえない美しさ。美しい景色に胸を躍らせながら、早速寝姿山を散策。豊かな緑と美しい花々に包まれながら、ゆったりと進むことができる広々とした遊歩道が続きます。

ロープウェイから降りてすぐに広がる雄大な景色
寝姿山の自然あふれる遊歩道をゆったりと楽しむ散策コース

海を臨みつづける黒船見張り所に、下田の歴史を感じて

遊歩道を緩やかに登り進むと、幕末に設置された黒船見張り所の跡が見えてきます。今は黒船の大砲(レプリカ)が海に向かって置かれているだけになっているものの、大砲のある場所から海を眺めれば、下田湾に停まる黒船を見張る幕末の人々の様子が浮かび上がってくるようです。

太平洋を望む下田湾の美しさにため息
黒船見張り所に置かれた大砲

朱色が美しい愛染堂、和み玉投げで願掛けにトライ

さらに進むと、綺麗な朱色のお堂が見えてきます。こちらは愛染堂といって、ご本尊の愛染明王は、縁結びの仏様。パワースポットとして人気の場所でもあるんです。敷地の中には岩の前に2つの輪が吊るされた岩があり、平たいクッキーのような形の「和み玉」を4個200円で購入できます。この和み玉を投げて、輪の中を通って岩に命中すれば、願い事が叶うとか。

美しい朱色が自然に映える愛染堂
輪の中をとおって和み石が当たれば、願い事が叶う!?

自然の力を実感する「石割楠(くすのき)」からパワーをもらう

遊歩道の散策でもうひとつ、ぜひご紹介したいのが、この「石割楠(くすのき)」。ただの大きな楠だと侮るなかれ!木の根本をみると、大きな岩を真っ二つに割って生えているんです。この力強い姿から、“根性の木”とも呼ばれ、難関突破のパワースポットとして知られています。根本の岩をぐるりと回ると、健康で過ごせるとも言われていますよ。

岩を割って空に伸びる姿は、圧巻の迫力!

絶景を眺めながらカフェテラスでひと休み

遊歩道をぐるりと回ってスタート地点に戻ったら、ロープウェー乗り場に隣接するカフェ「THE ROYAL HOUSE」でひと休み。店内は細かな細工が施された天然木が贅沢に使用され、広々とした優雅な雰囲気。テラス席からは下田の海を眺めながら過ごすことができてオススメです。

ロープウェー乗り場に隣接するカフェ
繊細な細工が施された天然木が贅沢に使用された店内
下田の海を一望できるテラス席はおすすめ
遊歩道の散策で乾いた喉を潤す、贅沢な時間

下田の街に戻り、ペリーロードを堪能

寝姿山から再びロープウェーで下田の街に戻ったら、来航時ペリー一行が通った道だと言われる「ペリーロード」へ。川沿いに柳の木が立ち並び、下田の風情を残す石畳の道に「海鼠(なまこ)壁」の建物が並びます。実際に幕末、ペリーが300人の部下を引き連れ行進したと言われる道を通りながら、下田に面影を残す歴史の面影を感じることができます。下田の街をさらに楽しみたい!というときは、歴史ある古民家で音楽を楽しむ「土佐屋」もTsugiTsugi Styleで紹介しています。是非チェックしてみて。

花柳界の面影を残す、平滑川(ひらなめがわ)沿い
グレーに白い格子柄の「海鼠(なまこ)壁」
歴史ある下田の風情が残る景色

伊豆というと、何を思い浮かべますか? 温泉、リゾートの海、絶景の海、高原や花など自然の景観、歴史と文化の息づく街なみ、そして富士山の雄大な姿……。すべてを見て、楽しんで、味わう旅。都会の喧騒を離れて、魅力がいっぱいの伊豆をぐるり、周遊してみませんか。

都内から出発したら、まずは伊東へ。そこから城ケ崎、伊豆高原、そして今井浜海岸、下田まで海沿いのエリアをぐるっと回って、富士山のおひざ元、三島へ。最後は箱根で温泉巡りと、心ゆくまで伊豆の魅力を満喫しましょう!

伊豆周遊のスタートは伊東から

都内を出発したら、東名高速道路と国道135号線を経由してまずは伊豆周遊の最初の地、伊東へ。

伊東駅の近くにある、オーシャンビューを臨む海浜公園「なぎさ公園」へはぜひ立ち寄りたいところです。広々とした公園の目の前には青い海が広がり、園内には彫刻アートが点在しています。海風を感じながらの散策がおすすめ。 「なぎさ公園」からほど近くにあるのは、南国の雰囲気に溢れた「オレンジビーチ」。こちらも眺めがよく、特に夕陽が落ちるサンセットタイムは格別で、旅情を誘うこと間違いありません。

海辺の散策を楽しんだあとは、市街地へ足を向けて、「松川遊歩道」へ。松川のほとりに立ち並ぶ老舗旅館の眺めや枝垂れ柳の街路樹をそぞろ歩きすれば、温泉街の情緒たっぷり。夜は竹灯籠がライトアップされ、雰囲気もとっても素敵です。

ドライブで立ち寄りたいのが「道の駅マリンタウン」。ここでは、土産物屋やレストランはもちろん、伊東らしく日帰り温泉や足湯、海の上に突き出した遊歩道「伊東マリンロード」など、一日遊べるぐらいの豊富な施設が揃っています。マリーナも併設されていて、遊覧船も出航しているので、まさに海辺の町ということを体感できます。

絶景パノラマを楽しみたい! 城ケ崎海岸と伊豆高原へ

伊東から南へ10キロの距離にあるのが城ケ崎海岸。

無理しすぎずウォーキングができる距離にも関わらず、素晴らしい景色に出会えるとっておきの散策コースをご紹介。伊豆高原駅そばから「橋立つり橋」まで、往復で約1時間程度のコースです。

まず、駅または駐車場のそばにある川沿いに海まで向かいます、だんだんとに緑が深くなり、まるでジブリの世界のよう。マイナスイオンに癒されていくのを感じます。さらに進むと川はなんと海に続く滝に!崖から轟音と共に流れてく圧巻の滝と、その先には海を一望できる絶景の展望台が待っています。

切り立った崖に高い波の打ち寄せる岸壁にある展望台から眺める絶景は最高です。伊豆高原駅すぐそばでのお菓子やさん「マキシム」で購入したとっておきのスイーツと共に絶景を楽しむのも贅沢な時間。

さらに先には「橋立つり橋」が続きます。アップダウンもあまりなく、非日常感や、冒険気分を味わえる、自然散策で心からリフレッシュしてください。

城ケ崎海岸の周辺にはほかにも、日蓮上人ゆかりの「蓮着寺(れんちゃくじ)」や日蓮上人が鎌倉幕府から流刑にされた際に置き去りにされたという岩礁「俎板岩(まないた岩)」があります。

城ケ崎海岸から内陸に向かうと、伊豆高原。お椀をひっくり返したような形の「大室山」が有名です。美しい緑に覆われていて、頂上には深さ70mの火口跡があります。リフトで登れば、頂上から伊豆の山々と海の絶景のパノラマが広がります。

宿泊は、城ケ崎ならルネッサ城ケ崎へ。静かな自然の中のコテージで温泉をのんびり楽しめます。伊豆高原なら東急バケーションズ伊豆高原へどうぞ。大室山を臨む高原リゾートで、こちらも遊び疲れた身体を温泉が癒してくれます。

ルネッサ城ケ崎
東急バケーションズ伊豆高原

伊豆の海を眺めながら、爽快ドライブ!

伊豆を巡るなら、車が便利。伊東から今井浜・下田につながる道は、海を見渡せる箇所が多く、伊豆のパノラマを眺めることができます。心地のいいドライブが日頃のストレスから解放してくれます。

海と自然と”花の伊豆”を楽しむリゾート、今井浜海岸

伊豆高原から海沿いをドライブして40分。

途中でお腹がすいたら、ぜひ地元民から愛される「中華 ふるさと」へ立ち寄ってはいかが。名物肉チャーハンは注文必至のメニューです!

今井浜海岸は、今井浜海水浴場が人気のスポットです。都内からのアクセスも良いことから、透明度の高い青い海を求めて、海水浴やマリンアクティビティを楽しみに訪れる人で夏は大賑わい。

今井浜周辺にはまた、“花の伊豆”を感じさせてくれる観光名所もあります。特に春は河津桜が有名で、この土地に自生する河津桜が満開に咲き誇り、多くの人の目を楽しませてくれます。また、5月~7月にはフランス式庭園「河津バカテル公園」で約6,000本ものバラが美しさを競います。

河津川をずっと遡ると、景勝地「河津七滝(かわづななだる)」があります。ここは、およそ2万5千年前の火山噴火によって形成された自然のジオアート。滝はもちろんのこと、溶岩の流れた跡など自然のパワーを感じられるスポットで、散策をしながら景色を楽しめます。秋の紅葉シーズンにはぜひ訪れたいところです。

今井浜周辺での宿泊は伊豆今井浜東急ホテルへ。今井浜海岸の目の前に建つ、温泉も海も楽しめるリゾートホテルです。

白い砂浜に黒船の歴史を刻む海辺の町、下田

今井浜海岸からさらに南下しておよそ30分のドライブで、下田へ。

下田は、起伏に富んだ地形の海岸線沿いにホテルが建ち並び、美しい海が魅力のリゾート地で、その名の通り白い砂浜が訪れる人を惹き付ける白浜海岸は、夏に大勢の人で賑わいます。 海沿いには下田海中水族館があり、間近で見ることのできるイルカのショーが人気です。

また、海から眺める下田の景観はぜひ、黒船遊覧船の「伊豆クルーズ」がおすすめ。その昔、ペリーが来航した時の風景に思いを馳せることができます。

山からは、寝姿山の頂上からの眺めが抜群です。ぜひ、下田ロープウェイで頂上からの絶景を楽しんでくださいね。

下田湾に注ぎ込む平滑川沿いの「ペリーロード」は、石畳の美しい遊歩道。歴史を感じる古い町並みには土産物屋やレトロなカフェもあり、そぞろ歩きを楽しめます。メインストリートの「一品香」というお店は朝から食べられるという下田天然塩ラーメンが人気の中華。海の幸が凝縮されたスープは絶品です。

下田で観光を満喫したら、お泊りは下田東急ホテルへどうぞ。大浦海岸を見下ろす高台にそびえる、絶景の温泉リゾートホテルです。

下田ロープウェイで寝姿山の頂上へ。海を臨む眺望が最高です

いしにえより、富士山のふもとの宿場町・三島

下田から国道414号線を約68キロ北上して、三島の町へ。

東海道・山陽新幹線三島駅があり、都内からのアクセスも抜群の町。伊豆周遊の起点ともなる地です。 古来より宿場町として栄えた三島は、交通機関で伊豆方面へのアクセスも良好なので、滞在しながら周辺の町を周遊するのもいいですね。

三島駅の近くには明治時代に宮家の別邸として建設された「楽寿園」があり、風光明媚な和風の庭園は野鳥のバードウォッチングもできます。楽寿園から流れる清流「源兵衛川」沿いを歩いて、せせらぎ散歩もぜひ楽しんで。夏はゲンジボタルも飛ぶほどの澄んだ水の流れる音は、ヒーリング効果も抜群です。

源兵衛川から東に歩くこと10分、伊豆随一のパワースポットとして知られる三嶋大社があります。古くは源頼朝が源氏再興を祈願したお社として有名で、春には200本もの見事な桜を、秋には樹齢1200年の金木犀の芳醇な香りを楽しめます。 三嶋大社のすぐ近くに、絵本専門店「えほんやさん」があります。店内には絵本はもちろん可愛い雑貨もあり、お土産にもぴったり。やさしくほっこりした気持ちになりますよ。

宿泊は富士山三島東急ホテルへ。広々とした大浴場からは、富士山の雄大な姿を眺めることができ、とてもラグジュアリーな気分に浸れます。

名湯温泉リゾート、箱根でたっぷり温泉ざんまい

三島から国道1号線を小田原方面に約45分走れば、伊豆周遊ルートの最終地、箱根に到着です。

箱根には、小田急ロマンスカーの終着駅でもおなじみ、温泉街の箱根湯本があり、箱根湯本温泉巡りの拠点として、また箱根登山鉄道へと乗り継ぐ中継地として、土産物屋や大きな旅館が建ち並び、大勢の観光客で賑わう町です。

箱根湯本から強羅方面へ進む途中の宮ノ下エリアは、明治時代には外国人にも人気のリゾートだった地。宮ノ下温泉、底倉温泉、木賀温泉、堂ヶ島温泉と四つの源泉が湧き、温泉巡りを楽しめます。

宮ノ下エリアに隣接するのが、箱根登山鉄道の終点にもなっている強羅です。周辺には芦ノ湖、仙石原など箱根の自然美を堪能することができ、美術館などアートの発信地も。小腹がすいたら、手作り餃子の店「ちゃいなハウス」へぜひ立ち寄って。種類豊富なメニューの餃子、思わず食べ過ぎちゃうかも。

宿泊は東急バケーションズ箱根強羅へ。強羅の自然の中でゆったりと露天風呂を堪能できる、別荘のようなホテル滞在が可能です。

いかがでしたでしょうか? 伊豆ならではの海と自然の壮観な景色、あちこちの温泉の恵みと、伊豆周遊の旅はとっても魅力的です。

ぜひ、ゆったり旅をして、いろんなエリアをめぐって、あなただけの素敵な伊豆を発見してみてくださいね!

歴史ある古民家で音楽に浸りながら飲む一杯

下田の夜を楽しもう

夜ご飯を終えたものの、ホテルの部屋で休むにはまだ早い。どうせなら下田の夜を楽しみつくしたい!そんな時には、お散歩がてらペリーロードへ向かうことにしました。ホテルのスタッフにおすすめを聞くと、「土佐屋」という雰囲気の良いお店があり人気とのこと。これは楽しみです。

なまこ壁が目を引く、下田唯一のSOULBAR

夜の明かりに伝統的ななまこ壁が美しく照らし出される。なんともロマンチックな佇まいのこの建物は江戸時代に建てられた正真正銘の古民家。

その昔、土佐からの客人を迎え入れる船宿であったことから、また、店主が坂本龍馬好きということから「土佐屋」という名前になったのだとか。

店内に入ると外観とは裏腹に、どこか異国情緒を感じさせる空間が広がります。無数にちりばめられたちらしやポスター、スピーカーからあふれるSOULMUSIC。SOULMUSICには詳しくないのですが、なんといっても素晴らしくパワフルでキレイな歌声と、楽しそうに踊っている人々の映像に自然と体がリズムに乗ります。

異国情緒漂う空間で最高の音楽を肴に。今自分がどこにいるのかも忘れさせ、時空さえも超えたような不思議な感覚に、ついついお酒も進みます。

お酒も料理も豊富なメニュー

もちろん空間だけではなく、飲食のメニューも大満足のラインナップ。この日はご飯を済ませてしまっていたため、お酒のみのオーダーでしたが、ウィスキーの種類の多さには目を見張るものがありました。SOULBARだけあって、アメリカのバーボンは70種を超える品揃えだそうです。カクテルの種類も豊富で飲み飽きるがありません。料理はおつまみはもちろん、ピザやパスタ、から揚げなどのがっつりメニューもあるので、お腹を空かせて来ても問題なし。私と同じようにSOULMUSICに詳しくない方も、おいしい料理とお酒を楽しみながら、今まで知らなかったSOULの魅力を知るきっかけに、一度は訪れてみてほしいお店です。

伊豆急線下田駅から徒歩2分。下田のメインストリート沿いにある<一品香>は地元、観光問わず愛されるお店。

横浜中華街にルーツを持つおいしい町中華<一品香>

横浜中華街にて10年の修行ののち、地元に戻り受け継いだ町中華。中華街仕込みの本格中華はもちろん、常に新しいことへの挑戦の気持ちを忘れない店主の佐藤さんは、和の職人さんから和出汁の取り方を教わったり、地元素材の生産者さんを探したりと、中華の枠を超えて様々なご縁を大切に、更なるおいしさを追求しています。店主さんの柔軟性と創造性がなせるいいとこどりの味はこのお店だからこそ。

ラーメンからはじまる下田の朝

<下田天然塩ラーメン 900円>

下田の朝ラーメンを牽引、宿の朝食を抜いても食べたいと続々人が訪れる名店は、「朝からラーメン?」という気持ちが覆されます!朝9:00から営業を開始するこのお店の名物はお店の看板にもある「モーニング塩ラーメン」。名物を目当てに朝から観光客や地元の方も途切れなく入店します。海の幸が凝縮されたスープに、たくさんのバラ海苔のトッピング。一口食べると磯の香りがふわっと鼻腔を通ります。おいしさの決め手は、横浜中華街での修行の経験を生かして作られる干し貝柱などを使った中華スープと、カツオや昆布から作られる和出汁、下田の天然塩を合わせて完成するスープ。手間暇かけられた、あっさりと優しい味わいの塩ラーメンは、下田での滞在中に毎日食べに通うリピーターも少なくないとか。胃が重たく感じることもなく、ランチに余力を残せるのもうれしいポイント。下田を食べつくしたいならキンメとエビのワンタンが入りがおすすめ。

<ラーメン 750円>

醤油ラーメンもおすすめ、あっさりした中に、とても濃く深い、出汁・スープの旨味を感じる一杯。

朝の胃に、優しく染み渡ります。

オリジナル商品にも注目!

一品香ではご自宅でもおいしさを味わってほしいと、オリジナル商品の開発にも力を注いでいます。新たにラインナップに加わった万能ドレッシング<伊豆の香 天然塩わさび>は「伊豆を代表する食材でドレッシングを作りたい」という店主の長年の夢を実現した一本。三島のわさびやさんや西伊豆のお塩やさんとのご縁で完成した自信作です。また、定番のオリジナルドレッシング<下田ミラクル>は合わせるものを選ばず、サラダや和え物、炒め物、つけダレ…となんにでも活用できます。お店のメニューにある”おろしで食べる水餃子”はもちもちの水餃子に大根おろしと下田ミラクルをあわせたタレが相性抜群の一品。一度こちらで試してみるのも活用方法が想像できていいと思います。どちらもうまみが詰まったラーメンのかえしをベースに作られており、一本で料理の幅が広がります。お土産はもちろん、今日はお部屋で過ごそうという日の自炊にもおすすめです。

他のメニューも気になる

これからの寒い季節、金目鯛のお鍋で伊豆を感じながらあったまるのいいかも。そのほかにも常連さんに人気の”世界のレバニラ”、ランチ営業にて提供している1日5食限定のレモン塩ラーメン等々、気になるメニューがいっぱい。店主の佐藤さんのお人柄も良く「また行きたい」と思わせるお店です。

ご好評につきプランの申し込み受け付けは終了いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました。